ペルノ・リカール・ジャパンは12月7~9日、フランス産スパークリングワイン「カフェ・ド・パリ」のポップアップ・バー『My Sparkling Time』をサナギ新宿にオープンした。

今回は、1624年に創業したカステラの老舗「福砂屋」と初めてコラボレート。カラフルなキューブ型パッケージに入ったカステラ「フクサヤキューブ」に、お菓子研究家 marimo さんが監修したトッピングを施して、世界にひとつだけのカステラが作れるトッピングコーナーを設置し、「カフェ・ド・パリ」4フレーバーのから選んだ一杯と一緒に楽しめるものとした。また、よりフォトジェニックに演出して撮影できるフォトブースも用意した。入場無料。
『My Sparkling Time』

6日には、内覧会を開催。マーケティング本部クリスティアン・エルンスト氏は「カフェ・ド・パリは今年9月、デザインを一新。ゴールドリングをシンボルとするプレミアムでエレガントなデザインに生まれ変わった。フレーバーが8種類揃うのは、カフェ・ド・パリだけ。さまざまなシーンで楽しめる。新宿でも、ブランドの露出を強化。カラフルな世界観を楽しんでほしい」とあいさつした。
 
期間中は、「カフェ・ド・パリ」ブランドアンバサダーでネイルアーティストの大城智之氏を講師に迎え、同ブランドのロゴ入りオリジナルフルートグラスをキューブ型のスワロフスキー・クリスタルでデコレーションするワークショップも開催。また、「サナギ 新宿」の常設店舗では、『MySparkling Time』の開催を記念し、7~9日の期間中、「カフェ・ド・パリ」1杯をセットにしたコラボレーションメニュー2品を提供した。
 
〈酒類飲料日報 2018年12月10日付より〉