アサヒビールが3月20日から発売している「アサヒ贅沢搾り」(500ml/191円、350ml/141円)は、果実1/2個以上の果汁を使用し、芳醇な香りとみずみずしい果実感を贅沢に楽しめる缶チューハイ。果実のフルーティさを感じる果肉部の果汁と、果実の自然な苦味や酸味のある果皮部の果汁をブレンドすることで、果実の複雑味とバランスの良い味わいに仕上げた。アルコール度数は4%で飲みやすい中味設計としている。

また、果汁の使用割合を高めることにより発生する不快な香味の原因物質を特定し、その原因物質を抑制する独自技術を採用することで、豊潤な香りを実現。パッケージデザインは、缶体上部に「果実1/2個分」(グレープフルーツ・桃・キウイ)、「果実まるごと1個分」(レモン)のアイコンを配し、商品コンセプトを分かりやすく訴求。また、ごろっとした果実のイラストでみずみずしい果実の味わいを表現し、フレーバーごとに異なる鮮やかな背景色を採用した。

〈食品産業新聞 2018年12月3日付より〉