日本酒造組合中央会は、12月18日から2019年1月18日まで「日本の酒情報館」(虎の門)で「平成を彩った日本酒フェア」を開催している。スタンプラリー形式で120人限定、参加費1,500円。参加すると、期間中に全12種類の中から好きな日本酒を楽しめる。10~18時、土日祝日除く。

同館では、一般の人が新たな日本酒シーンを実際に楽しめる場所として企画・運営されており、季節に応じた日本酒を提供している。

18年冬のテーマは「平成を彩った日本酒」。平成の30年間で日本酒を取り巻く環境は、大きな変遷を遂げた。平成元年の級別制度の廃止、それに代わる新たな「特定名称」表示の導入、女性杜氏や外国人杜氏の活躍、海外での日本酒ブームなど、日本酒業界では、さまざまな出来事があった。同フェアでは、19年5月に施行される改元を前に、平成の時代に起きた日本酒業界の大きな出来事とともに、それを象徴する日本酒12種類(1杯30ml)を提供する。

【日本の酒情報館】
・所在地
=東京都港区西新橋1-6-15 日本酒造虎ノ門ビル1F
・開館時間=10:00~18:00
・休館日=土・日・祝日・年末年始

〈酒類飲料日報 2018年12月19日付より〉