アサヒビールは3月31日から、ニッカウヰスキーが製造する「竹鶴ピュアモルト」(700ml瓶/参考小売価格税別4,000円)をリニューアルして発売する。

甘くやわらかな香りと果実を思わせる華やかな香りが調和したピュアモルトウイスキー。ふくらみのあるモルトのコク、穏やかな樽香やピート香を伴う甘くほろ苦い余韻が特徴。

甘くやわらかな香りと華やかさを持つ宮城峡のモルト原酒をベースに、しっかりとしたモルトのコク、飲みごたえを備えた余市のシェリー樽原酒や香ばしい余韻を醸す余市のピート原酒など、ニッカウヰスキーが厳選した複数のモルト原酒を使用している。

今回のリニューアルでは、余市モルトの原酒使用比率を高めることで、コクや香ばしいピートの余韻を付与させた。

パッケージは、ラベルに「竹鶴」のロゴを堂々と配し、創業者・竹鶴政孝のサインとニッカエンブレムをあしらうことで高級感や本格感を表現。

また、国産ウイスキー市場の急拡大を受け、限りある原酒を有効に活用するため、年間販売数量を2万2,000ケース(700ml×12本)に限定して発売する。

〈酒類飲料日報 2020年1月17日付〉