サントリーは4月下旬から、サントリースピリッツ大阪工場で蒸留したアルコールの一部を、医療機関向けに提供開始する。18L入り一斗缶に詰めて、物流を担当する医療卸に引き渡し、医療卸が医療機関・高齢者施設などに届ける。

サントリーグループでは新型コロナウイルス感染拡大に伴い需要がひっ迫している消毒用アルコールについて、協力できることがないか検討してきたが、このほど医療機関等において、手指消毒用以外の高濃度アルコールも消毒用として使えるようになったため提供を行う。製品の製造にかかる費用は全てサントリーが負担する。

なお、海外ではすでに、ビームサントリー社が米ケンタッキー州の生産拠点でアルコール消毒液を製造し、ケンタッキー州の救急隊員、医療関係者などへ提供している。

サントリーは、「新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さまと関係者の皆さまにお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。また感染拡大防止に向け努力されている政府および自治体の皆様、感染者の診断や治療にあたられている医療関係の皆様に心から敬意を表します」としている。