宝酒造は、感染拡大が深刻化する新型コロナウイルス感染症における手指消毒用アルコール不足に対して、厚生労働省から「手指消毒用エタノールの優先供給スキーム」への協力要請を受け、特定発酵アルコールを供給する。

4月15日に発表したもの。酒類、酒類調味料のほか、酒類用・工業用アルコール(エタノール)の製造・販売を行う同社では、従来より原料メーカーとしてアルコールを供給してきた。しかし、現在日本国内では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、医療機関・高齢者施設などで必要な手指消毒用エタノールのほか各種感染防護具などの需給がひっ迫している状況となっている。

そこで、同社は手指消毒用エタノール不足の解消に応えるために、厚生労働省の「手指消毒用エタノールの優先供給スキーム」に則り、特定発酵アルコールを供給する。製品のアルコール分は95度、18リットル缶で月間約5,000本(90,000リットル)を供給し、厚生労働省を通じて医療機関・高齢者施設などに納入予定。