モルソン・クアーズ・ジャパンは8月31日から、フランス産シードル「ルイレゾン・オリジナルクリスプ」「ルイレゾン・ルージュデリス」(330ml/360円)の2種類の販売を開始する。

生産者はEclor社で、「ルイレゾン」は1923年からブルターニュ地方で生産。全てフランスのブルターニュ地方、ノルマンディー地方の契約農家で栽培されたシードル専用のりんごのみを使用。品評会「ワールドサイダーチャンピオンシップ」で2017年、2019年に金賞を受賞。

「軽やかでナチュラルな味わいは、食前酒としても食中酒としても最適。アルコール5%のスパークリングで、ランチタイムや夕暮れ時など、手軽に優雅なフレンチタイムを楽しめる」(モルソン・クアーズ・ジャパン)。

発売を記念し、フランス発のブーランジェリー&パティスリー「Maison Landmeine麻布台」で期間限定コラボレーションメニューを提供する。

〈酒類飲料日報2020年8月31日付〉