天山酒造(佐賀県小城市)は9月19日に「天山 ドライブスルー 蔵開き」および「オンライン蔵見学」を開催する。

同社では毎年秋に蔵開きを開催していたが、新型コロナウイルスの感染拡大により例年通りの開催が困難と判断したため「ドライブスルー」で同社商品の販売を行う。開催時間は10時から16時までで、酒蔵の開放などは行われない。

販売される商品は、20年以上の歳月をかけて低温でじっくり熟成させた「平成8年度醸造 大吟醸 天山」(720ml/税込1万1,000円、アルコール分16%)や、全量麹米仕込みの「天山 純米 ALL KOJI」(500ml/4,500円、アルコール分15%)など。支払いは現金のみで、上記2商品は予約特典あり。

予約は専用のメールアドレス(yoyaku.tenzan@gmail.com)に氏名、住所、電話番号、購入希望商品名、購入本数を入力の上送信することで完了する。

また、同じく9月19日13時から14時30まで、Zoomを用い開催する「オンライン蔵見学」は同社公式オンラインショップで販売されている「蔵開き限定酒」の購入者先着100名を招待し、普段あまり見ることができない蔵の中を現役の蔵人が丁寧に説明する。

対象となる商品は「平成8年度醸造 大吟醸 天山」「低温熟成 七田 七割五分磨き 愛山・山田穂セット」(720ml×2/3,300円、アルコール分17%)、「蔵開き限定 純米吟醸生」(720ml/1,650円、アルコール分16%)の3種類。

〈酒類飲料日報2020年9月10日付〉