キリンビールは11月16日から、愛知県・石川県・富山県・福井県・福岡県・宮崎県の計6県で新サーバー「TAPPY(タッピー)」の展開を開始する。全国展開は2021年の予定。

「TAPPY(タッピー)」は容器に専用の3Lペットボトルを採用し、ビールの定番「一番搾り」や新商品の「キリンサワー」(アルコール分8%)が提供可能。ビールに加え、経年的に市場が拡大している「RTD(サワー・チューハイ)」需要の高まりにも対応する。
「TAPPY(タッピー)」ロゴ

「TAPPY(タッピー)」ロゴ

キリンビールが行った「ウィズコロナにおける飲食店選択基準」の調査では、約3割が「おいしい生ビールを提供してくれるお店」と回答している。一方でコロナ禍での外出自粛によって、来店客の飲食店訪問頻度や滞在時間が減少し、ビール1樽あたりの消費時間が長期化することで、求められている「おいしいビール」の提供が難しいケースも発生している。また重量があるビール大樽の持ち運びや、ビールサーバーの洗浄作業は、飲食店にとって一定の負担になっていた。
 
今回、「TAPPY」により小規模な3LPETボトルを提供することで、よりおいしい「一番搾り」の提供が可能になり、来店客の「満足度」や「飲食店への来店動機」の向上、さらには「一番搾り」ブランドの価値向上を見込む。
 
また「TAPPY」は従来の樽詰生ビールサーバーに比べて商品の取り付けやサーバー洗浄が簡易であることから、飲食店における課題解決が実現できるほか、オペレーション負荷に伴う人件費および洗浄時にロスするビールが減ることなどから、平均的な店舗で年間あたり16万円のコストメリットも見込めるという。さらに3LPETボトルというワンウェイ容器を採用することで、ビールの空樽回収作業が不要になり、社会的にひっ迫している物流負荷の低減、加えて物流費の抑制も実現できる。
 
〈酒類飲料日報2020年10月8日付〉