サントリーMONOZUKURIエキスパートは、サントリーグループの新しい配送拠点「福岡アイランドシティ配送センター」を10月13日から本格稼働する。入出荷業務や配送ルートなどの最適化を図り、環境負荷の低減や物流現場での働き方改革に取り組む。

九州の17倉庫を8倉庫に統合し、配送ルートの最適化を図る。車両の移動距離や倉庫での待機時間の削減につながり、環境負荷低減を推進する。本センターは大型倉庫で保管容量も大きく、今後の人口増加も見込まれる福岡市および近郊の配送量の増加にも対応できるとしている。

本センターの設計を担う福岡地所と、運営を担う臼杵運送の九州の2企業とともに「働く人に優しいデザイン」を実現。休憩室や、時間に余裕を持って出荷準備に取り組めるスペースの確保など、働きやすい環境を整えた。

「人手不足、配送量の増加、働き方改革への取り組みなど、物流をとりまく環境は大きく変化しており、持続可能な物流の実現は、重要な課題の一つとなっている。物流最適化・環境負荷低減・働き方改革の推進などのさらなる取り組みを、パートナー企業と連携を深めながら進めていく」としている。

〈「福岡アイランドシティ配送センター」概要〉
・住所
福岡市東区みなと香椎3-7-1(ロジシティみなと香椎ノース)
・延床面積
約4万7,000㎡(4階建倉庫)
・竣工
2020年9月(10月本格稼働)
・取り扱い商品
酒類、清涼飲料各種
・業務委託先
臼杵運送