アサヒビールは4月20日から「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」(340ml/オープン価格だが既存のスーパードライと同額を想定)を全国で発売する(酒類取り扱いのコンビニエンスストアでは4月6日から先行発売)。

開栓するときめ細かい泡が自然に発生し、飲食店のジョッキで飲む樽生ビールのような味わいが楽しめる。缶のふたが全開することで、麦芽の香りが感じやすくなるとともに口に流れる液量が多くなり、“生ジョッキ”のような感覚で飲用することができる。

開栓直後に自然発生する泡は、缶体内側の特殊塗料により、通常の缶からビールをグラスに注いだ時に発生する泡よりもきめ細かく、缶のまま直接飲用することで冷たさも炭酸ガス圧も維持される。

開栓したふたと缶体の飲み口は、飲料缶では初採用となるダブルセーフティー構造により、手や口を切る恐れがなく、安心して飲用することができる。
開栓の様子

開栓の様子

 
パッケージデザインは、銀色の缶体をベースに「SUPER“DRY”」と「ASAHI」のロゴで「スーパードライ」らしさを表現するとともに、缶体上部の「泡が出る」「ゴクゴク飲める」という文言と、ビールの液色や“生ジョッキ”のイラストで商品の特長を訴求している。
 
店頭販促や広告では、「日本初。開けた瞬間、まるで生ジョッキのうまさ。」をキーメッセージとしたプロモーション活動を積極的に展開。テレビCMに加え、WEBやSNSなどデジタルを活用した情報発信を強化することで、飲用喚起を図る。
 
〈酒類飲料日報2021年1月8日付〉