サントリースピリッツは、サントリー山崎蒸溜所、白州蒸溜所の見学を自宅などから体験できる「リモート蒸溜所ツアー」を開始した。

昨今の生活様式の変化を踏まえての企画で、サントリースピリッツは「サントリーウイスキーの品質価値訴求と接点拡大を図る」としている。

1月21日から始まっている「360°フリーツアー」は、360°バーチャルリアリティ技術で、山崎蒸溜所ウイスキー館、白州蒸溜所ウイスキー博物館(一部)の空間を自由に、いつでも見学でき、展示それぞれにリンクされた詳細情報(解説や動画)も見ることができる。

「オンライン・ライブ」は2月6日開催予定で、参加費は3,000円(定員100名・事前予約制)となっている。ナビゲーターがライブ配信で蒸溜所を案内するツアーで、チャットを通じて質疑応答もできるインタラクティブな見学体験。山崎・白州蒸溜所それぞれの製造工程を、臨場感ある360°視点映像などを通じてオンラインで見学でき、ツアー後半には事前に届けるセミナー用ツールを使ってシングルモルトウイスキーのテイスティングを楽しめる。

◆サントリー「リモート蒸留所ツアー」

〈酒類飲料日報2021年1月27日付〉