〈「スーパードライ」価値再発見と特別な飲用体験を〉
アサヒビールは4月20日、茨城工場(茨城県守谷市)内に「スーパードライ」ブランド初の常設施設となる「スーパードライ ミュージアム」をオープンする。

「スーパードライ」の品質・鮮度向上に向けた取り組みとこれまでの歴史を紹介するとともに、「革新的・都会的・明日への活力」というブランドの世界観を五感で体感できる体験型施設。施設全体を「スーパードライ」のブランドカラーであるシルバーと赤・黒で構成している。

ミュージアム体験の冒頭の「スーパードライ シアター」では、全長17mの大型スクリーンで「スーパードライ」ができるまでのストーリーや、「スーパードライ」で楽しむ飲用シーンなどを上映し、「スーパードライ」のこだわりと魅力を伝える。

「スーパードライ ゴーライド」では、ビールを缶に詰める工程をイメージした空間で、製造の速度や迫力が感じられる映像を4面のスクリーンに投影することで、まるで自らがビールの缶に乗ったかのような臨場感ある体験が楽しめる。

体験最後の「スーパードライ ホール」では、茨城工場で製造されたできたての「スーパードライ」樽生ビールと“氷点下のスーパードライ”「エクストラコールド」を無料で試飲できる。また、自分で樽生ビールを注ぐことや、ビールの泡に文字や画像を描く泡プリンターなど、「スーパードライ」で楽しめる体験も提供する。

〈酒類飲料日報2021年4月12日付〉