茜共創プロジェクト(理事長石渡美奈氏=ホッピービバレッジ社長)は、6月19日18時〜20時にオンラインイベント「茜まつり〜駆け上がろう! 赤坂 はじめの一歩編〜」を開催した。

「3.11をきっかけに“赤坂の街に元気を取り戻そう!”と始まった飲食イベント“赤坂食べないと飲まナイト”を立ち上げてから早10年。奇しくも重なった東京オリンピックを機に、オール赤坂での“茜まつり”を企画したところで、新型コロナウイルス感染が始まった。幾度となく、延期や企画変更を余儀なくされるなか、“何とかして赤坂の魅力を、味をお届けしたい!”と赤坂を想い続ける仲間でたどり着いたのが、プロジェクト第1弾となる本企画」(同プロジェクト)。

応援メッセージで、港区長・武井雅昭氏は「震災後10年で、着々と準備し、コロナの逆境も跳ね返し、総力をあげて取り組んでいる、赤坂への愛情と努力に心から敬意を表する」とあいさつ。楽天グループ副社長執行役員平井康文氏は、御殿場でキャンピングカーから出演し、「ミーナには素晴らしい人が集まる。大成功、おめでとうございます」とエールを送った。

プログラムは
▽別所哲也×ホッピーミーナトークショー
▽「まるしげ」小久保店長の料理教室
▽ショートフィルム「願いのカクテル」上映
▽赤坂氷川まつり紹介
▽トークセッション〜赤坂の未来について語ろう〜
――など。

ホッピーミーナこと石渡美奈氏は「やっぱりやってよかった。大変な1年だったが、知恵と情熱があればつながれる。赤坂はこれからも駆け上がり続ける。より素晴らしいプログラムを約束する」と締めくくった。
石渡理事長

石渡理事長

 
〈酒類飲料日報2021年6月28日付〉