キリンビールは、97%の人が完璧と回答した、今までにない「完璧なチューハイ」を完成させ、商品名が伏せられた“ミステリー缶”を含む100万本全国に配布する「100万本体験」を4月26日から実施していた。

同社が5月16日に都内で開催した「“完璧な新キリンチューハイ”お披露目発表会」で、その正体をリニューアルした「氷結」と明かした。今回のリニューアルでは、果実のみずみずしくクリアな味わいを引き立てるとともに、雑味のないスッキリとした後口で、“爽快なおいしさ”をさらに進化させ、既存品を上回る歴代最高水準(同社調べ)の味覚評価を獲得している。 

発表会にはTVCMにも出演する俳優の高橋一生さんが登場し、リニューアルした「氷結」を「びっくりするほどおいしかった。正体を“氷結”と聞いてびっくりしたが、“氷結”だからこそたどり着いた境地なのかもしれない」と高く評価した。 

同社マーケティング部の松村孝弘RTDカテゴリー戦略担当カテゴリーマネージャーは今回のリニューアルのポイントを「凍結レモン製法」の開発・採用にあるとし、その詳細を「収穫したレモンを新鮮なまま凍結し、熱をかけずに低温で果実のおいしいエキスを抽出する製法で、更に果実のみずみずしい味わいが感じられ、雑味のないスッキリとした後味の飲みやすく飲み飽きない味わいに仕上げることができた」と説明する。 

また、「ミステリー缶」の取り組みを「缶チューハイを最近飲んでないという人に思い込みを取り払ってもらいたく、先入観を排除した上でおいしさに気づいてもらうべく今回のキャンペーンを実施した。“爽快で気持ちいいおいしさ”がここまで進化しているということをミステリー缶だけではなく、本製品でも実感してもらえればと思っている」と話した。

〈酒類飲料日報2022年5月17日付〉