伊藤ハムは3月1日から順次、国産豚肉を原料肉に使用した「神戸」シリーズのラベルを同社創業90周年記念の限定ラベルにリニューアルしている。また、発売20周年を迎える同シリーズでは3月1日に、味と品質にこだわったスライスタイプの「ベーコン」(内容量75g、税別400円)を発売。

同社は1928年に大阪市で創業した後、1946年に神戸市備後町に工場を構えてハム造りの技を磨いてきた。限定ラベルでは、1946年当時の神戸工場のイラストや「ハム造りの技を磨いた『神戸』創業九十周年伊藤ハム」の文字を入れている。また、同社は神戸市と幅広い分野で連携・協力するため包括連携協定を締結。同シリーズは神戸市の「KOBEスペシャルPRパートナー」品に認定されており、同シリーズのラベルに神戸市認定のロゴマークを印字している。

〈食品産業新聞 2018年3月1日付より〉

【関連記事】
18年伊藤ハム商品施策、創業90周年キャンペーンを展開
伊藤ハム米久HDの3Q、売上高5%増、営利は3.8%減、食肉の海外事業の収益低下