〈特設サイトで3分で手軽に作れる「ボイルドローストビーフ」など紹介〉
MLA豪州食肉家畜生産者事業団は12月7日から来年1月31日の約2カ月間、「Are you ゲンキ?」と題したキャンペーンを実施する。キャンペーンサイトでは、「君との関係が冷めるほど、冷えっ冷えになってしまう!?」と、冬に感じる不調の代名詞「冷え」を取り上げ、鉄不足の女性たちに向けて鉄の情報を発信する。同時に行うプレゼントキャンペーンでは、クイズに答えて応募すれば、抽選でオージー・ビーフかたまり500gを129人、Wチャンスとしてオリジナルカレンダーを、合計600人にプレゼントする。

MLAでは女性の元気と関係が深いと思われる栄養素“鉄”についての意識調査を全国の女性(20代から40代の600人)に実施したところ、8割強の女性が元気が欲しい、また2人に1人が特に冬に不調を感じやすいことが分かった。冬の悩みである冷えや乾燥、疲れは忙しいから、年を重ねたからなどと片付けてしまいがちだが、もしかすると鉄不足が関係しているかもしれない。女子栄養大学の岩間範子名誉教授によると、「お肉を食べると“太りそう”と、敬遠されがちだが、オージー・ビーフのような牛赤身肉は女性に不足しがちな“鉄”を多く含み、貧血予防や、元気が出ない、冷えや乾燥などに有効な栄養素だ」と話している。

特設サイトでは、〈1〉どうしてオージー・ビーフがいいの?、〈2〉オージー・ビーフ、鉄で元気!、〈3〉手軽に作れる!オージー・ビーフでしっとりやわらか3分で「ボイルドローストビーフ」、〈4〉一口サイズで食べやすい「鉄ポップ」のつくり方―を紹介する。鉄は食べ貯めができず、いつも安定した量を保つことが大事になる。そこで、週2~3食、簡単に牛赤身肉が取り入れられるレシピを紹介する。牛赤身肉はローストビーフ、ステーキなど「夜のごちそう」というイメージが強いが、実は朝食や軽食などにもぴったり。キャンペーンでは、3分茹でるだけで手軽に作れる「ボイルドローストビーフ」を紹介する。工程は、常温に戻して、ゆでるだけ―のたったの2工程。スライスしたローストビーフを好みの食材に巻いて食べる、ローストビーフボール「鉄ポップ」のレシピも公開する。

プレゼントキャンペーンでは、特設サイトのプレゼントコーナー内で、「オージー・ビーフ、○で元気!」の○の文字を選択して期間中に応募すれば、抽選で129人にオージー・ビーフかたまり肉500gを、Wチャンスとして471人にオリジナルカレンダーと、合計600人にオリジナル賞品をプレゼントする。

〈畜産日報 2018年12月10日付より〉