アマタケは、毎年7月1日を正式に「アマタケサラダチキンの日」と定めた。

一般社団法人日本記念日協会から5月13日に登録認定を受け、6月12日に発表したもの。

サラダチキン市場はこの3~4年で拡大し、健康意識が強まるニーズへの貢献度が高くなりつつある。サラダチキンは、同社が18年前の2001年に現在の形で商品化し、今では「元祖サラダチキン」と言われている。そこで、サラダチキン市場をますます盛り上げていきたいという思いから、サラダチキンの記念日を制定したいと考えるようになった。同社は岩手県大船渡市にあり、11年3月11日の東日本大震災では甚大な被害を受けた。被災した工場が復興し稼働した日が11年7月1日、その5年後の16年7月1日には宮城県多賀城市にサラダチキン専用工場が竣工したことから、7月1日を「アマタケサラダチキンの日」に制定した。

同社では、「アマタケのサラダチキンはすべて、南部どりを使用。自ら育てた原料を100%活かしたサラダチキンは、おいしさが違う。また、安心して毎日の食生活に使っていただける」と、おいしさの違いを強調する。なお、南部どりは全飼育期間、抗生物質・合成抗菌剤を全く使わない飼育で育てた同社オリジナルの鶏。

商品は、南部どりのむね肉一枚を使用した「むね一枚肉シリーズ」、中までしっかり味を入れた「練り込み製法シリーズ」、南部どりのささみを使用した「サラダチキンスポーツ(アマタケオンラインショップ限定販売)」の3シリーズがある。

〈畜産日報 2019年6月17日付〉