9月1日に東京都港区のJR田町駅東口に開業した商業施設「ムスブ田町ショップ&レストラン」に、東京都が開発したプレミアムポーク「TOKYO X」を使用したとんかつ専門店「トンカツ X」がオープンした。

「TOKYO X」のトンカツを提供するとんかつ店は都内外にも複数あるが、同店は「TOKYO X」豚を一手に担う(株)ミート・コンパニオン(本社=東京・立川市、阿部昌史代表取締役社長)が全面的にサポートするかたちで誕生した新業態店舗となる。東京・田町の新たなランドマークとして「ムスブ田町」が注目されるなか、同店はTOKYO Xのアンテナショップとして展開していく方針だ。

店舗運営は、バンコク屋台料理「カオマンガイ」など多数の飲食事業を展開・プロデュースして成功を収めている(有)たるたるジャパン社(本社:東京都福生市、齊藤崇代表取締役)。
「トンカツ X」外観(左が阿部社長、左2人目が齊藤代表)

「トンカツ X」外観(左端=阿部社長、左2人目=齊藤代表)

両社との協議で「TOKYO Xの美味しさを最大限に生かすには、とんかつがベストである」という結論に至り、今回の新業態の出店に至った。料理はミシュラン掲載店「とんかつしお田」の塩田直人氏が監修しており、ここでしか味わえない記憶に残るとんかつを楽しむことができるという。上品な香り、ほのかな甘み、さっぱりとした脂が特徴の熟成トンカツを堪能できるとあって、1日のオープン初日から行列客が途切れることなく、上々の滑り出しを見せていた。
 
「トンカツX ムスブ田町店」概要〉
◆住所=東京都港区芝浦3-1-1msb 田町ステーションタワーN
◆TEL=03-6435-2904
◆営業時間=11時30分~15時(ランチ)、17時~23時(ディナー)


 〈畜産日報2020年9月7日付〉