双日食料のグループ会社ミートワンは、同社に出資する参画企業が持つ技術・ノウハウを結集することで、顧客のニーズに対応した安全・安心で競争力のある畜産加工品を提供している。

参画企業は十数社に上り、原料調達から畜肉加工、販売、物流までの全てのサプライチェーンをカバーする。

ミートワンのビジネススキームで画期的なのが、顧客の案件に対して、匠の技術を持つ各地の参画企業が切磋琢磨してより良い商品を提供しようと競い合っている点で、品質の高い商品をベストプライスで提供している。

設立当初は業務用畜肉加工品を中心に手掛けてきたが、昨年から簡便調理をキーワードに同社が監修した「肉一番」シリーズなどの市販用商品の取組みも強化している。未加熱キット商品や未加熱真空パック、加熱済みトップシールを続々とラインアップし、新たにミールキット「お肉と野菜のミールキッチン」シリーズも展開している。

今後も双日食料の強力な原料調達力と、ミートワンおよび参画企業の匠の技術を融合させることで、安全・安心で競争力のある畜肉加工品を開発し、提供していく。

〈食品産業新聞 2020年12月7日付より〉