〈"全米人気No.1"、厳選素材がうり〉
"全米人気No.1"のオーガニックアイスクリームブランド「スリーツインズアイスクリーム」が、日本1号店を2日、東京・代官山にオープンした。化学調味料不使用で、店内で焼いたオーガニックワッフルでの提供が特徴だ。

同アイスは、信頼する生産者からの原材料のみを使用するコンセプトのもと、05年にカリフォルニア州サンラファエルで誕生、子供なども安心して味わえるオーガニックアイスブランド"全米人気No.1"となっている。日本初の店舗では"サンフランシスコ人気No.1"のシーソルトキャラメルをはじめビタースイートチョコレートなど11種類のフレーバーを用意、トッピングはカカオニブ、キアヌパフなどオーガニックかつ食感を楽しめるものを揃えた。

スクープで提供のアイスは、カップ入りシングルで380円~。プラス100円で店頭で焼いたワッフルコーン入りも楽しめる。トッピングは各80円。持ち帰りは147mgカップが390円、473mgパイントが1200円。

なお今回の出店は、化粧品など販売の「コスメキッチン」を展開するマッシュビューティーラボの協力で実現したもので、代官山店駅前のコスメキッチン内の通路に面した場所にショップが入っている。スキンケアに関心が高い女性や子供連れらがオープン時から多数訪れており、日本におけるオーガニックアイス市場は規模はまだ小さいが、気軽にナチュラル&オーガニックを選ぶシーン、選択肢の一つとして広がり、オーガニック食品全体に消費者の関心がじわじわ高まっていく流れも出てきそうだ。

〈食品産業新聞 2018年3月8日付より〉