哺乳瓶などの育児用品やマタニティ用品・医療用品などを展開するメーカー・ジェクスは11月29日、全国の「アカチャンホンポ」とネット通販「オムニ7」でベビー向け紙パック飲料専用の「チュチュ 紙パック用乳首」を独占先行発売する。乳児用液体ミルクにも装着可能。

「チュチュ」は“家族みんなでハッピーな育児”をコンセプトとする、ジェクスの育児ブランド。今回の新商品「チュチュ 紙パック用乳首」は、専用アダプターを紙パックの“耳”に固定し、ストローくちにノズルを刺すだけで簡単に装着でき、哺乳瓶にベビー飲料や液体ミルクを移し替えることなく、どこでもすぐに飲ませることができる。
3ステップで簡単装着

3ステップで簡単装着

「チュチュ 紙パック用乳首」には、おっぱいをお手本にした“スーパークロスカット乳首”を採用。飲む力に応じて液の出る量がコントロールされる設計で、新生児から卒乳まで使用できる。乳首部分の素材は合成ゴム(シリコーンゴム)製、その他パーツはポリプロピレン製。全パーツ、煮沸・薬液・電子レンジ消毒が可能。また、持ち歩きに便利なフード、ノズルカバー付き。オープン価格で、実勢売価550円前後を想定する。
 
ジェクスは、「チュチュ 紙パック用乳首」について、「調整不要な乳児用紙パック飲料で、直接中身を摂取する方法が、付属のストローを使用するしかなかった」ことを背景として開発したと説明し。「月齢を問わず使用できるので災害時にも安心」「外出時や夜中の水分補給におすすめ」などとしている。

「チュチュ 紙パック用乳首」の特徴(ジェクス)

「チュチュ 紙パック用乳首」の特徴(ジェクス)

なお、今年3月には、江崎グリコが日本初の乳児用液体ミルクとして紙パック製品の「アイクレオ赤ちゃんミルク」(125ml)を発売しており、今回の「チュチュ 紙パック用乳首」発売により、さらなる普及拡大が期待される。