明治はこのほど、機能性表示食品「明治スキンケアヨーグルト素肌のミカタ」(ドリンクタイプ112ml、税別132円)を発売した。

サプリメント・栄養ドリンクを除き、機能性表示食品で初めて紫外線に関する訴求を行う商品だという。届出表示は、「SC-2乳酸菌、コラーゲンペプチド、スフィンゴミエリンが含まれるので、紫外線刺激から肌を保護するのを助ける機能があります」。

明治は過去にも“美容系”のヨーグルト「アミノコラーゲンヨーグルト」を発売したが、機能性をパッケージ等にうたえなかったことで市場定着できなかった経緯があり、今回は機能性表示食品として満を持して登場させた。味は毎日飲み続けやすい爽やかな風味に仕上げ、パッケージは「飲むことで紫外線から肌を守る」というキャッチコピーを前面に大きく配置し、商品特徴が一目で分かるようにした。

明治の調査によると、紫外線に関する商品には「年代を問わずほぼ全ての女性が持つ強いニーズ」があるという。今回は、日々の生活に取り入れやすいヨーグルトで開発。明治プロビオヨーグルト「R-1」「LG21」「PA-3」に続く、第4の柱の機能性ヨーグルトへ育てる意向だ。

発売時は流通の95%、ほとんどの店頭に並ぶ見込みで、季節柄、紫外線関連商品に関心のある20~60代女性の関心を集めることが想定される。明治では今後、野球やサッカーの子どもの応援に通う親たちへのサンプリング等も視野に入れながら、「将来的には子どもや男性も開拓する」考えで、広く普及し、ヨーグルト市場のさらなる活性化を図っていく。