新型コロナウイルスの影響で訪日外国人が激減し国内客も半減している北海道で、雪印メグミルクグループの雪印パーラー(札幌市)が、北海道経済部と連携し、打撃を受ける観光農園やフルーツ生産者、観光事業者を応援するコラボ企画「北海道応援パフェ」を展開する。

第1弾は「いしかりフェア」と称し、9月16日から10月31日まで雪印パーラー札幌本店で、石狩管内産のブルーベリーなどを使ったスイーツの販売と、石狩管内の観光情報の発信、商品販売を行う。

北海道内の農業や観光業がコロナウイルスの影響で大打撃を受ける中、地元応援企画として立ち上げたもの。道内各地の特産品を使用したスイーツを発売し、併せて店内で観光情報の発信や商品販売のフェアを開催することで、「一緒に北海道を盛り上げていきたい」(雪印パーラー)としている。

第1弾は石狩振興局の協力の下、石狩管内産のフルーツなどを使ったスイーツ3品を販売する。メニューは札幌市南区産のプラムを使った「プラムのレアチーズパンケーキ」(税込1530円)と「プラムと桃ミルクのパフェ」(税込1490円)、千歳市産のブルーベリー・ハスカップと当別町産のミントを使った「ミントグラニテのマチェドニアパフェ」(税込1590円)。合わせて、千歳ワイナリーのハスカップワイン「ハスカップスイート」も提供する。

マスクを着用して来店し対象のスイーツを注文した人には、先着順に毎月400人、北海道応援キャラクター「雪ミク」オリジナルマスクケースをプレゼントする。

店内では観光情報の発信とともに、道内選りすぐりの商品を集めたフェアを開催し、北海道経済を潤してきたインバウンド需要がほぼ皆無となり、売り上げが激減している土産産業に対する応援も行っていく。

〈「雪印パーラー札幌本店」概要〉
◆所在地
北海道札幌市中央区北2条西3丁目1−31 太陽生命札幌ビル1階(札幌駅南口から徒歩5分)

◆営業時間
・売店 10時~21時
・喫茶 10時~21時、ラストオーダー20時30分
※9月16日時点では時間短縮営業中