森永製菓は10月19日、TVアニメ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」とコラボレーションしたデザインパッケージのサンドアイス「ビスケットサンド」を発売した。内容量119ml、税別140円。数量限定で、なくなり次第販売終了。

パッケージには「鬼滅の刃」のキャラクターを2人ずつデザインしている。主人公の「竈門炭治郎(かまどたんじろう)」と妹の「竈門禰豆子(かまどねずこ)」、炭治郎の同僚剣士である「嘴平伊之助(はしびらいのすけ)」&「我妻善逸(あがつまぜんいつ)」、炭治郎たちが所属する“鬼殺隊”の中核メンバー“柱”の「冨岡義勇(とみおかぎゆう)」&「胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)」の全3種類。

コラボ商品の展開に合わせ、9人の“柱”をデザインした特別パッケージと、商品に使用しているパッケージ3点、計4点の永久保存版「コラボ限定パッケージセット」プレゼントキャンペーンも実施している。「ビスケットサンド」1個を購入したレシートをスマホで撮影し、キャンペーン特設サイトのフォームで応募した人の中から、抽選で100人にプレゼントする。

対象商品は、「鬼滅の刃」パッケージでない通常品の「ビスケットサンド」も含む。応募は11月30日まで。4種類のパッケージは「禰豆子の箱型BOX」に入れて届ける。“部屋に飾れる”グッズとしてプレゼントするもので、パッケージの中身はアイスではなくサンプル見本。

なお、「ビスケットサンド」はミルクのコク深いアイスクリームをしっとりビスケットではさんだ食べ応えのあるサンドアイス。2020年に発売40周年を迎えたロングセラー商品だ。2014年度の売上と、5年後の2019年度の売上を比較すると169%増と大幅伸長。特に20代男性に支持され、過去最高売上の更新を続けているという。

10月16日に公開された映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は、公式発表によると公開3日で観客動員342万人、興行収入46億円を突破。3日連続で、平日・土日ぞれぞれにおける日本国内で公開された映画の観客動員・興行収入の歴代1位という記録を樹立する大ヒット映画となった。

食品関連では、「くら寿司」や「築地銀だこ」のコラボメニューが話題となり、ローソンでも「からあげクン焦がしバター醤油味」「鬼滅の刃 マグカップ&みかんゼリー」「煉獄杏寿郎のジャンバラヤおにぎり」などの商品を多彩に展開。ダイドードリンコの缶コーヒー「ダイドーブレンド鬼滅の刃コラボ缶」なども大ヒットし、ロッテは「ビックリマンチョコ」とコラボした「鬼滅の刃マンチョコ」の発売を予定している。

これまでにも多くのヒットを生んできた「鬼滅の刃」コラボからは、まだ多くのヒット商品が誕生しそうだ。

◆森永製菓「ビスケットサンド鬼滅の刃コラボキャンペーン」特設サイト