ヤクルト本社は6月1日、ヤクルト初のアイスクリーム「アイス de ヤクルト」を東急ストア各店舗(一部除く)で発売する。希望小売価格200円(税別)。数量限定のため、売り切れ次第終了。

「スイーツ感の高いヤクルト風味のアイスを食べたい」といった要望を多く受け、ヤクルト本社の女性を中心としたプロジェクト「三つ星 Factory」が開発。

「アイス deヤクルト」は、なめらかで濃厚だが、すっきりとした後味が特徴のアイスクリーム。「ヤクルト」の甘酸っぱい風味と生クリームのコクが楽しめるという。ヤクルト本社独自の「乳酸菌 シロタ株」とガラクトオリゴ糖を含んでいる。「乳酸菌 シロタ株」は、冷凍状態だと活動停止しているが、口の中で溶けることで活動を再開するという。パッケージは、店頭で目立ちやすく、“ヤクルトのアイスクリーム”ということが分かりやすいデザインを採用した。

なお、SHIBUYA109エンタテインメントが運営する「IMADA KITCHEN」(イマダキッチン、SHIBUYA109地下2階)」では、6月1日から8月1日までの期間中、「ヤクルトのアイス屋さん」をオープンし、「アイス de ヤクルト」をアレンジした限定メニューを販売する。

〈店舗概要・メニュー詳細〉「ヤクルトのアイス屋さん」
「ヤクルトのアイス屋さん」イメージ

イマダキッチン「ヤクルトのアイス屋さん」イメージ