赤城乳業は2022年3月29日、「かじるバターアイス(5本入り)」(40ml×5本、税込378円)を、全国で数量限定発売する。2021年2月に発売し、大反響で瞬く間に売り切れとなった「かじるバターアイス」1本売りのファミリーパック版。

【関連記事】「かじるあまおう苺バターアイス」発売、ヒット商品「かじるバターアイス」の“リッチ版”/赤城乳業

1本当たりの内容量を75mlから40mlへ小さくし、これに伴い1本当たりのカロリーも140kcalから77kcalへ減ったミニサイズとなる。味わいについては変わらず、バターのコク深い味わいと特有の風味を再現するために、北海道産生乳から作られた発酵バターを使用。まるで本物のバターを食べているような食感や口どけのアイスに仕立てている。

「かじるバターアイス」は2021年2月発売時、Twitter上で“味わいが本物のバターに近い”として話題化し、コンビニエンスストアの店頭を中心に爆発的に売れ、早々に完売。2021年9月の再発売時も大きな話題となった。

今回はミニサイズの5本入りパックの発売について、赤城乳業では「昨年発売の1本売りは若い人が主な購買層。今回の5本入りパックは主婦層を主なターゲットとしており、『かじるバターアイス』を全世代に買ってもらえるブランドへ育てていきたい」としている。
赤城乳業「かじるバターアイス(5本入り)」

赤城乳業「かじるバターアイス(5本入り)」