〈全国のスーパー中心に取扱増加〉

本田商店は日本三大そばの一つ「出雲そば」を主力商品とする島根県のそばメーカーだ。生麺と半生麺、乾麺のそば商材などを取り扱っている。

そんな同社で現在、伸び率が目覚ましいのが「ラ・サルーテ生パスタ(2食)」(税別340円)だ。賞味期限が常温保存で180日という半生麺で、2016年の売り上げは前年比190%の大躍進となり、全国のスーパーを中心に取り扱いが増えている。

スパゲッティ、フィットチーネ、リングイネの3種類を、デュラムセモリナ粉使用、国産小麦使用の2シリーズで発売。デュラムセモリナ粉使用のシリーズでは、夏季向けの商品としてカッペリーニも展開している。

生パスタ特有のもちもち食感を味わうことができ、本格パスタを家庭で簡単に楽しめるのが最大の特徴だ。一般ユーザーからも「小麦の風味が際立ち、もちもちした食感がおいしい」「常温で長く保存できるのが助かる」と高評価だ。

今年の2月には「グルテンフリー(2食)」(400円)のシリーズも発売した。トウモロコシと食塩のみで製造しており、食品添加物や保存料は使用していない。賞味期限は小麦粉製品と同様、常温で180日となっている。

「スーパーなどパスタコーナーではまだまだ乾麺のみの売り場が多い」という現状を踏まえ、今後は「販路を拡大し、無添加生パスタの美味しさを知っていただきたい。PBや留型商品の開発にも力を入れていきたい」とする。

〈食品産業新聞2017年11月13日付より〉