讃岐うどん専門店「丸亀製麺」は7月7日から、テイクアウト限定「氷うどん」を全国の店舗(一部除く)で販売する。8月31日までの期間限定で、売り切れ次第終了。

「氷うどん」は“だしが凍っている”、丸亀製麺史上最も冷たいメニュー。日ごとに暑さが増し、猛暑が予想される2020年の夏に、「お客さまにお持ち帰りでも冷たいうどんをおいしく召しあがっていただきたい」との思いから開発されたという。

価格は、氷うどん(冷かけ)・氷うどん(ぶっかけ)が並300円・大410円。氷うどん(すだちおろし冷かけ)が並450円・大560円(全て税込価格)。
丸亀製麺「氷うどん」

丸亀製麺「氷うどん」

だしの旨みが凝縮された「氷うどん」の氷は、ひとくち含むと口の中で溶け出し、だしの香りが口いっぱいに広がるという。打ち立て・締めたての冷たいうどんは噛み応えが心地よく、噛む度に小麦の風味も味わえる仕上がり。氷だしに、ねぎ・天かすを加えれば、よりみずみずしいシャキシャキとした食感やサクサク食感を最後まで楽しめる。
 
丸亀製麺はおすすめの食べ方として、
〈1〉「まずは、うどんがのった中蓋をとり、小さいカップに入った氷だしをうつわの中にいれます。だしの旨みが凝縮した香り豊かな氷だしを溶かしていきます」
〈2〉「少し溶けはじめた氷だしをお箸で崩します。ザクザクと崩しながら、新感覚をお楽しみください」
〈3〉「最後に、溶け出した氷だしに麺を入れます。打ち立て・締めたての麺とシャリシャリの氷だしを一緒に豪快にお召し上がりください!」
―――と勧めている。