今さら訊けない米穀流通業界用語集〈第2版〉

食品産業新聞社「米麦日報部」特別編集、「今さら訊けない米穀流通業界用語集〈第2版〉」(2018年4月発売)の予約受付を開始しました。

 

※2018年4月2日付 発刊のお知らせはこちらから

 

基本用語から最新用語まで多数網羅。430語を収録して“大幅ボリュームアップ”。米の各種用語をはじめ、米業界で使われる特有の専門用語や米を取り巻く役所用語など今さら訊けない用語を紹介・解説。B5判・約110ページ予定。定価1,000円(税別・送料別)。

【収録用語一例】「米」と名がつくものにも様々‥‥
確認米、ジャポニカ米、インディカ米、うるち米、もち米、酒造好適米、発芽玄米、JA米、全集安心米、胚芽精米、無洗米、縁故米、飯米、販環米、政府米、くず米、フルイ下、網下、中米、特米、ヤケ米、用途限定米穀、食用不適米穀、事故米、加工用米、飼料用米、米粉用米、WCS米、バイオエタノール米、新規需要米、需給調整米、今摺米、ブレンド米、新形質米、MA米、標準価格米、死米、ヤミ米、ネリカ米 ‥‥。

付録には「米の品種来歴」等も収録。