日清食品㈱(安藤徳隆社長)は4月10日、「カップヌードル ナイス 濃厚!ポークしょうゆ」(58g、麺40g)「同 クリーミーシーフード」(57g・麺40g)を新発売する。こってり濃厚な味わいながら、脂質50%オフ・糖質40%オフ・カロリー178kcal(通常のカップヌードルの半分)を実現。パッケージに、テレビゲーム画面のような8ビット調のデザインを採用したのも特徴。飲んだ後に食べても、2個食べても、ダイエット中に食べても「罪悪感ないス!」をキャッチコピーに、お腹周りが気になり始める30~40代の男性をメインターゲットに展開していく。2品とも税別180円。3月24日から発売告知CMを放映しており、また4月11日から本編CMを展開し大々的に盛り上げる。

3月24日に開催した発表会では、同社の深澤勝義取締役マーケティング部長(写真上)が、全体動向・考え方について「昨年、非常に好調だったカップヌードルだが、カップヌードルの年代・性別別喫食率をみると、男性に比べ女性の喫食率が低く、シニアになると喫食率が下がっている。また、若者の喫食率は高いが、入り口の世代としてどんどん食べてもらわなくてはいけない。これらの戦略ターゲットのニーズを掴むために、どう食べてもらうかを課題としている。愛される商品作りはもちろんだが、世の中を沸かせるコミュニケーションも合わせて展開し、ブランドの楽しさ・美味しさを感じてもらえるかが大切だ。そして、好調に推移するカップヌードルの一押しの新商品が、この『ナイス』だ」と述べた。

詳細は本紙をご覧下さい。