日本製粉㈱(近藤雅之社長)とグループ会社の松屋製粉㈱(田村昌明社長、栃木県河内郡)は、12日~14日に東京ビッグサイトで開催される「2017麺産業展」に出展する=写真は昨年の様子

松屋製粉は、国産そば粉や「そばガレットミックス」を紹介する。また、そば粉各種やむき実、韃靼そば茶、乾麺「日光蕎麦」等を提案するほか、水と混ぜるだけの簡単調理で「焼きやすさ」をコンセプトにした「そばガレットミックス」を使用したデザートガレットの試食実演を行う。このほか、契約栽培を行っている栃木県産そばの取り組みや、「そばの持つ様々な魅力」を伝える。日本製粉はそばつなぎ用小麦粉「朝霧」「めん匠」等や、小麦グルテンを展示・提案する。物販コーナーでは、「新訂めんの本」を販売する。東展示場4ホール、ブースは4E-06。10時~17時。

詳細は本紙をご覧下さい。