農林水産省は9日、2016(平成28)年度の食料自給率と食料自給力指標(ともに概算値)を公表した。それによるとカロリー(供給熱量)ベース自給率は、2010(平成22)年度から前年度(確定値)まで6年続いた39%から1ポイント下落の38%となった。「小麦・てんさいなどの作付面積は拡大したものの、天候不順により単収が落ち込み生産量が減少したことなど」が原因。生産額ベース自給率は前年度を2ポイント上回る68%で、2年連続の2ポイント続伸となった。その要因は「野菜・果実の輸入額が減少する中で、国内生産額が増加したことなど」。

詳細は本紙をご覧下さい。