日本製粉グループのパスタモンタナ社(小林驚CEO、米国モンタナ州グレートフォールズ市)はこのほど、創立20周年を迎え、グレートフォールズ市で記念レセプションを開催した。席上、同市のボブ・ケリー市長から、地元の雇用継続等で感謝状と「市の鍵」(顕著な活躍をした住民、特別な来賓等に市が送る名誉の賞。鍵は『城門のフリーパス=特別な信頼』の象徴)が贈られたほか、モンタナ州のスティーブ・バロック知事から日本製粉㈱の澤田浩会長に「モンタナ州農業における継続的な投資」に対し感謝状(写真)が贈られた。

詳細は本紙をご覧下さい。