日東富士製粉(株)(下嶋正雄社長)は、11月13日~12月25日に行っていた(株)増田製粉所(武政亮佐社長)株式の公開買付けを終了し、12月29日付で増田製粉所を連結子会社とする。買付価格は、普通株式1株当たり4,805円、取得株式数は56万886株、取得価額は26億9,505万7,230円。

日東富士製粉の増田製粉所株式保有率は、公開買付け実施前の30.72%(議決権所有割合)から実施後は92.23%となる。なお、日東富士製粉は今後も、増田製粉所の発行済普通株式全て(増田製粉所の自己株式除く)の取得を進める予定。

これに伴い増田製粉所は、所定の手続きを経て東京証券取引所(第二部)から上場廃止となる。公開買付け実施前に第2位株主(議決権保有割合14.74%)だった(株)神明(藤尾益雄社長)は、所有する増田製粉所普通株式全てについて今回の公開買付けに応募しており、主要株主からは外れる。

同様の内容は、増田製粉所、日東富士製粉の親会社である三菱商事からも報告された。

〈米麦日報2017年12月28日付より〉