山崎製パン(株)(飯島延浩社長)は2月1日~4月30日、ヤマザキ「春のパン祭り」を開催する(北海道地区は3月1日~5月31日)。

今回の「白いお皿」は“白いスクエアディッシュ”。縦横約18cm、高さ3cmで、「食パンにピッタリのサイズ」(同社)だ。また、「テーブルロールと合わせたワンプレートメニューや、ロールキャベツなどの夕食のメインディッシュ用として、朝・昼・夜いずれの食事シーンでも活用できる」とも。フランスに本社のあるガラス食器メーカー「アルク・フランス社」製。材質はガラスでオパール加工と呼ばれる手法で全面強化されており、普通のガラスの3~5倍の強度がある。

対象商品は同社の主力商品多数で、ロイヤルブレッド、超芳醇、ダブルソフトなどの食パンや、北海道産小麦のバターロール、ランチバック、薄皮つぶあんパンなど。商品に貼ってある点数シールを25点分集めると、ヤマザキ商品取扱店で必ず1枚もらえる。

春のパン祭りは1981年にスタートし、今年で38回目。これまでの累計交換枚数は約4.8億枚。「日本人口換算すると1人に約4枚交換している」。また、同社はホームページで歴代の「白いお皿」を紹介している。

〈米麦日報 2018年1月24日付より〉