政府は4月29日付で2018年(平成30年)春の勲章・褒章受章者を発令した。受章者数は、勲章が農林水産省所管分88名、厚生労働省所管分467名、経済産業省所管分226名、褒章が農水省34名(黄綬22名、藍綬12名)、厚労省134名(緑綬31名、黄綬58名、藍綬45名)、経産省33名(黄綬4名、藍綬29名)。

勲章のうち大綬章の親綬式と重光章の伝達式が8日に皇居で行われる。中綬章以下の伝達式は、農水省が11日、厚労省と経産省が10日、各省で(経産省のみザ・プリンスパークタワー東京で)。褒章の伝達式は、いずれも15日、各省で(経産省のみ東京プリンスホテルで)。本紙関連の受章者は以下の通り(敬称略)。

《2018年春の勲章》
【旭中(旭日中綬章)】〈農水省〉

▽木村良(きむら・りょう)全国米穀販売事業共済協同組合理事長、木徳神糧(株)会長、米穀流通業振興功労、東京都世田谷区、70歳

【旭小(旭日小綬章)】〈農水省〉
▽瓦葺利夫(かわらぶき・としお)元(株)松屋フーズ社長、産業振興功労、東京都杉並区、76歳。
▽八木祥夫(やぎ・よしお)元麦茶工業協同組合理事長、食料品加工業振興功労、静岡県藤枝市、77歳。 

【旭小(旭日小綬章)】〈経産省〉
▽我孫子建雄(あびこ・たてお)江別商工会議所会頭、江別製粉(株)会長、北海道、74歳。
▽北本明(きたもと・あきら)北大阪商工会議所会頭、幸福米穀(株)会長、大阪府、78歳。
▽寺西忠幸(てらにし・ただゆき)元日本チェーンドラッグストア協会会長、大阪府、89歳

【旭双(旭日双光章)】〈農水省〉
▽堤公一(つつみ・こういち)熊本県菓子工業組合理事長、食料品加工業振興功労、熊本県合志市、70歳。
▽細内進(ほそうち・すすむ)協同組合全日本洋菓子工業会副理事長、食料品加工業振興功労、東京都千代田区、78歳。

【瑞重(瑞宝重光章)】〈農水省〉
▽上野博史(うえの・ひろふみ)元農林水産事務次官、元農林中央金庫理事長、元農林漁業信用基金理事長、農林水産行政事務功労、神奈川県川崎市、79歳。

【瑞中(瑞宝中綬章)】〈農水省〉
▽小林新一(こばやし・しんいち)元農林水産技術会議事務局長、農林水産行政事務功労、千葉県松戸市、70歳。
▽任田耕一(とうだ・こういち)元九州農政局長、(一社)日本即席食品工業協会専務、農林水産行政事務功労、東京都新宿区、70歳。
▽丸山清明(まるやま・きよあき)元農林水産技術会議事務局研究総務官、元農業技術研究機構作物研究所長、東京農業大学客員教授、農林水産行政事務功労、茨城県牛久市、71歳。

【瑞小(瑞宝小綬章)】〈農水省〉
▽石坂弘一(いしざか・こういち)元北海道農政事務所長、農林水産行政事務功労、東京都葛飾区、71歳。

《2018年春の褒章》
【藍綬(藍綬褒章)】〈農水省〉

▽末松祐而(すえまつ・ゆうし)元(公社)日本給食サービス協会副会長、集団給食業振興功績、福岡県太宰府市、71歳。

〈米麦日報 2018年5月7日付より〉

【関連記事】
旭小に飯島茂彰ヤマザキビスケット(株)社長ら輝く=2017秋の叙勲