日清食品チルド(株)(伊地知稔彦社長)は24日、「レンジタイプ新商品発表会」を開催。11月19日発売の「レンジカップ 行列のできる店のラーメン」を発表した。

従来のカップタイプのチルド麺は「ゆで麺」を使用しているが、今回の新商品は「生麺」を使用。同社のゆでこぼし不要の生麺を、レンジ調理に対応させ、「レンジで生麺をゆでる」ことを実現した。加熱時間は500Wで約8分、600Wで約7分。具材には低温殺菌の厚切りチャーシューとメンマを使用。「具材だけでも売り物にできる」という自信作だ。「厚切り叉焼麺 背脂豚骨醤油」と「厚切り叉焼麺 濃厚豚骨味噌」の2品。
「レンジカップ 行列のできる店のラーメン 厚切り叉焼麺 濃厚豚骨味噌」

「レンジカップ 行列のできる店のラーメン 厚切り叉焼麺 濃厚豚骨味噌」

「これまでのカップタイプのチルド麺は、簡便さと、1食完結型という要素をもっていた。今回の新商品はそこにチルド麺ならではの『本格的な味』を加えた」(伊地知社長)。30~40代をメインターゲットに据える。希望小売価格は398円(税別)。賞味期限は要冷蔵で20日間。

日清食品チルド・伊地知稔彦社長

日清食品チルド・伊地知稔彦社長

〈米麦日報 2018年10月25日付より〉