ビジョンバイオ(本社=福岡県久留米)の「異物鑑定団」は、食品などに含まれる異物を簡便・低コストに分析する一次検査キット。タンパク質や澱粉などに反応する試薬、必要資材は全てセットになっている。調整済みの試薬は法令上の毒劇物に該当せず、管理も簡便だ。

現在は毎月、異物鑑定団を使ったセミナーを全国で巡催している。参加者がキットを用いて判定試験を行い、結果の鑑定までを体験できる。2018年3月にはヒトを含む動物の血液を判別する「異物鑑定団血痕判別試薬」を投入した。

同社は「(一社)検査技能検定協会」を設立し、異物鑑定団を使って検査技能を客観的に証明する「異物検査技能検定」などの認定事業をスタートした。さらに、「個人」の資格認証だけではなく、同社の安心・安全確認システムを導入している製品を認定する「SafetyCheckマーク」認証や、企業の検査体制を設備・技術面から審査・認定する「DNA検査システム導入認定」など、「企業」単位での認定事業にも注力している。

〈食品産業新聞 2018年12月3日付より〉