神明グループの(株)神明きっちん(藤尾益人社長)は25日、東京・南青山の米糠油専門店「0.6RICE BRAN OIL」で、「飲める米糠」新CM発表会を開催した。イベントにはCMに出演したモデル・矢野未希子さんと、“医大卒ピン芸人”の「しゅんしゅんクリニックP」さんが応援に駆けつけた。

新CMは5月下旬から放送予定。同社が展開する「飲める米糠」は、栄養成分豊富な米糠を、水に溶けやすいように微粉砕したもの。藤尾社長は「ビタミン・ミネラルが豊富に含まれており、特にこの脱脂米糠10gでレタス1個分、玄米ご飯茶碗3杯分の食物繊維を摂ることができるアンチエイジングフード」と話す。
神明 藤尾益人社長

神明 藤尾益人社長

また、イベントで矢野さんは「私もいつも飲んでいますが、匂いやクセが全然無くって、きな粉みたい。お味噌汁やスープ、ヨーグルト、アーモンドミルクに入れて飲んでいます」と女性目線でコメントした。
 
南青山の「0.6RICE BRANOIL」では5月6日まで、「飲める米油」「飲める米糠」を使った「米ぬかスムージー」を100円で提供している(毎日先着100名)。本紙に対し藤尾社長は「我々米業界は美味しさを追求してきた一方、健康性の面を後回しにしてきた。そうした機能性をアピールしながら、毎日美味しく摂り続けられる商品開発を今後も続けていきたい」と話した。
 
〈米麦日報 2019年4月26日付〉

「飲める米糠」イメージ

「飲める米糠」イメージ