〇・・・ついに「マルちゃん 赤いたぬき天うどん」の全容が明らかになった。本家と同じく、東西でつゆの味を変え、うどんの上に乗るのは「マルちゃん 緑のたぬき天そば」の象徴である「小えび天ぷら」だ。180円(税別)。5月13日全国発売。

〇・・・東洋水産(株)(今村将也社長)は昨年、「赤いきつねうどん」発売40周年を記念して、「あなたはどっち!?食べて比べて応援しよう!」キャンペーンを実施。「赤」派と「緑」派のどちらが多いか競い、最終的に「赤」に軍配が挙がった。そしして、勝った「赤」が「緑」を取り込む形で登場したのが「マルちゃん 赤いたぬき天うどん」だ。

〇・・・ただ、全国投票では「赤」に軍配が上がったが、地域別でみると、うどん文化が根付いている西日本(大阪、広島、福岡)で、「緑」が勝利。また、「うどん県(香川県)」でも「緑」の勝利が報告されている。「緑」の底知れないポテンシャルを感じる。次の戦いがあれば勝利の女神がどちらに微笑むかは分からない。「緑」が「赤」を取り込む日は訪れるだろうか。

〈米麦日報 2019年5月8日付〉