千田みずほ(株)(神奈川県横浜市、千田法久社長)、(株)むらせ(神奈川県横須賀市、村瀬慶太郎社長)、(株)ミツハシ(神奈川県横浜市、三橋美幸会長兼CEO、山口大輔社長兼COO)の3社は5月25~26日、横浜の山下公園で開催される「横浜セントラルタウンフェスティバル“Y160”」に共同出展する。

このイベントは横浜港開港200周年(2059年)に向けて、その50年前(2009年)から毎年カウントダウン的に実施されているもので、“Y160”は今年が160年目にあたることを表す。横浜の老舗店舗や会場内のキッチンカーに白飯を提供する「う米(まい)じゃん食堂」を通じて、米の消費拡大に繋げるとしている。また、3社共同ブースでは、3社でセレクトした銘柄米やイベントオリジナルの「Y160米」、米関連商品を景品とした「お米くじ」、食育活動の「Y160お米・ごはんクイズ」など盛り沢山の内容となっている。

〈米麦日報 2019年5月20日付〉