USAライス連合会は9月26日、都内で第7回「カルローズ」料理コンテスト2019プロフェッショナル部門最終審査と表彰式を開いた。プロフェッショナル部門はこれまで、レストラン部門、デリ部門に分かれていたが、今回から統合。優勝は「温泉パプリカ巻き寿司 ボルシチ風冷製スープサラダ仕立て」を作った九州航空(株)「CLASSICA Bay cuore(クラシカ ベイ クオーレ)」調理部の佐々木優樹さん。佐々木さんは「この賞のためにかなり練習をした。現場のスタッフも色々と頑張ってくれたので、賞金を持ち帰ってみんなでパッといきたい」と喜びを語った。銀賞は「インサラータ ディ リゾ 初夏のいぶき」を作った大手町タワーリゾーツ(株)「アマン東京 ARVA(アルヴァ)」調理部の工藤和明さん。銅賞は「SUSHI カルレーゼのキャンディ風」を作った(株)ミニアルリゾートホテルズ「ディズニーアンバサダーホテル」調理部レストラン調理課 エンパイアグリルの森嶋久実さん。

今回のコンテストのテーマは昨年の「SUSHIカルローズ ニュースタイル」に続き、第2弾として「SUSHI サラダスタイル」。全体の講評を行った淀野晃一審査員((株)柴田書店「月刊専門料理」編集長)は、「審査員もかなり苦労するレベルの高さ。結果を出してからも、『私はこれが好き』と、それぞれのお気に入りがあるくらいにレベルが高かった。『SUSHI サラダ』というテーマはかなり難しかったと思う。『SUSHI』ととるか、『サラダ』ととるかでも頭を悩ませたのではないか」とした。

プロフェッショナル部門への応募総数は116作品。8月に書類審査でファイナリスト10名を決定し、今回の最終審査会で腕を競い合った。また、学生部門には263作品の応募があり、書類審査で3名に優秀賞が送られた。懇親会で挨拶したUSAライス連合会米国本部のアジア・プロモーション・プログラムのジム・グイン ディレクターは「日本の米の消費も減っているが、今回のメニューのようなイノベーションにより、消費が戻るようなことにつながれば、お互いにとって良いことだ」とした。

〈米麦日報 2019年9月30日付〉
左=優勝した佐々木優樹氏、右=ジム・グイン ディレクター

左=優勝した佐々木優樹氏、右=ジム・グイン ディレクター