ビジョンバイオ(株)(福岡県久留米市、塚脇博夫社長)は11月5日、国内初となる発酵食品向けのグルテンフリー検査サービスを開始した。調味料・酒造メーカーのほか、輸出業者などの需要を見込む。検査料金4万円(税別)、検査日数10営業日。

海外ではアメリカ食品医薬品局(FDA)がグルテンフリー表示基準をグルテン含有量20ppm 未満と定義している。そうした基準をクリアする必要がある海外向けなどの製品に対し、同社では(株)森永生科学研究所製などの検査キットを紹介していたが、発酵食品や高加工度食品など分解の進んだグルテンは正確に検出することができなかった。そこでグルテンフリー認証機構・GFCO やヨーロッパセリアック協会(AOECS)認証に適した、R-Biopharm 社製の「RIDA SCREEN Gliadin Competitive(競合法)キット」を導入し、発酵食品などに対応した。

〈米麦日報 2019年11月6日付〉