アイリスオーヤマ(株)(宮城県仙台市、大山晃弘社長)は9月30日から、「銘柄炊き炊飯器」シリーズの6機種をリニューアル、全国の家電量販店を中心に順次販売する。

「銘柄炊き炊飯器」シリーズは、人気の40銘柄に合わせて最適な炊飯工程を調整する炊き分け機能を備えたもので、これまでマイコン、IH、圧力IHの3タイプ、計6機種を展開してきた。今回のリニューアルでは、新たにヘルシーメニューを搭載。通常の炊飯器で炊いた米飯より水分を多く保持させることによって糖質を約10%減らすことができる機能で、白米、おかゆ、玄米、麦飯、雑穀米、おこわの6種類が選択可能。

また、圧力IHジャータイプには「こだわり炊き分け機能」も追加し、「カレー」や「冷凍」など料理や食べ方に合わせて加熱工程を調整できる。「銘柄炊きジャー炊飯器 3合」は参考価格9980円(以下税別)、「銘柄炊きIHジャー炊飯器 3合」は1万2800円、「銘柄炊き圧力IHジャー炊飯器 3合」は1万6800円。それぞれ5.5合炊きも展開する。

〈米麦日報2020年9月25日付〉