米穀卸大手の株式会社神明(東京都中央区、藤尾益雄社長)は11月5日付で、株式会社中島(埼玉県久喜市、中島将雄社長、資本金2,750万円)を完全子会社化したと発表した。取得株式は普通株式900株、取得価額は非公表。

株式会社中島は種子生産・販売、肥料販売などを手掛ける民間の水稲育種研究所。既に「大粒ダイヤ」などを手掛けている神明は、今回の買収で「良食味かつ多収性」の新品種開発を進めるとしており、「オリジナル品種の開発を手掛けることで作付から集荷・販売に至る一元的な取組みをより一層強化することが可能だ」とコメントしている。

〈米麦日報2020年11月6日付〉