山崎製パン(株)(飯島延浩社長)は2月1日から、ヤマザキ「春のパンまつり」を実施する。4月30日まで(北海道地区は3月1日〜5月31日)。

2021年の「白いお皿」は「白いスマイルディッシュ」(直径約21cm、高さ約3cm)。山崎製パンは「少し大きめのサイズ感で使い勝手のよいお皿を選定した。ワンプレートメニューからハンバーグやシチューなどのメインディッシュまで幅広いシーンでご活用できる。シンプルなデザインなので、洗いやすさや重ねやすさも特徴」としている。

対象商品は「ロイヤルブレッド」、「超芳醇」、「ダブルソフト」、「レーズンゴールド」、「薄皮つぶあんぱん」、「まるごとソーセージ」、「北海道チーズ蒸しケーキ」等、山崎製パンのパン商品を中心に幅広くラインアップ。対象商品に付いている点数シールを28点分集めて応募すると、ヤマザキ商品取扱店で必ず1枚もらえる。

「春のパンまつり」は2021年で41回目。これまでの「白いお皿」の累計交換間数は5億枚を超えている。

また、2月1日〜28日、Twitterキャンペーン「『#うちのパンまつり』を投稿して当てよう!キャンペーン」を実施する。山崎製パン公式アカウント「@yamazakipan_cp」をフォローし、ハッシュタグ「#うちのパンまつり」をつけて「春のパンまつり」にまつわるエピソードを投稿すると、抽選で「QUOカードPay1,000円分」が100名に当たる。

〈米麦日報2021年1月18日付〉