(株)ミツハシ(三橋美幸会長、山口大輔社長)は3月27日から、「横浜FC 応援米」を神奈川県内のSM(食品スーパー)や通販にて販売する。

横浜に本社を構えるミツハシは、サッカーJリーグの「横浜FC」のオフィシャルパートナーとしてこれまでもチームに米の供給を行なってきた。「応援米」は横浜FCとコラボし、「『RECORDTHEBLUE〜すべては勝利のために〜』というチームのスローガンを目指し、ファンの皆様と一体になって食べて勝利に繋げようという思いを込めた」。売上の一部はチームの強化費の一部として活用される。

米袋のデザインには横浜FCのイメージカラーである白・水色・青を使い、横浜のシンボル「ベイブリッジ」をプリントした。神奈川はるみを100%使用、2kgで希望小売価格1,280円(税込)。

〈米麦日報2021年3月29日付〉