神奈川県横浜市のブッフェ・ダイニング「オーシャンテラス」(ヨコハマ グランドインターコンチネンタル ホテル内)では6月1日から、「アメリカンステーキフェア」を実施中、カルローズを使用したメニューを3品提供している。8月31日まで。

USAライス連合会日本代表事務所によると、アメリカンステーキフェアは「同ホテルのフェアの中でも屈指の人気を博した」もので、アメリカの郷土料理をベースとした約40種類もの料理が登場する。カルローズを使用したメニューは、ランチタイムに「桜海老とカルローズのサラダ ケイジャンスパイス風味」と「ベーコンと七種野菜のガンボスープ」、ディナータイムに「ジャンバラヤ」が提供される。

「オーシャンテラス」のシェフは「カルローズは程よい甘味があり、粘りが少なくさらりとした軽い食感で、サラダやスープによく合う。他の具材や調味料と混ぜやすく、カルローズを一つの食材として活用することで、メニューの幅が広がる」とコメントしている。

〈米麦日報2022年6月21日付〉