(株)ミツハシ(三橋美幸会長、山口大輔社長)は8月8日、神奈川県内の駅構内にある自動販売機でボトル入り無洗米を発売する。

神奈川の新杉田駅から八景島駅、金沢八景駅を繋ぐ「シーサイドライン」を運行する(株)横浜シーサイドラインとコラボし、神奈川産「はるみ」280gを「ミツハシライス×シーサイドライン ボトル米(マイ)」として、税込550円で販売。

ボトルデザインは、シーサイドラインのキャラクター(鉄道むすめ)である「柴口このみ」2種類。ボトルキャップ部分のデザインは、「柴口このみ」2種類に、ミツハシライスのキャラクター「ミツハシくん」やシーサイドラインのオリジナルキャラクター「キラキラ☆シーたん」を加えた全5種類を用意した。県内企業同士がコラボしながら神奈川生まれの米「はるみ」をアピールし、アウトドアシーンでの喫食、県の土産需要などを狙うとしている。
「ミツハシライス×シーサイドライン ボトル米(マイ)」ボトルキャップデザイン(全5種)

「ミツハシライス×シーサイドライン ボトル米(マイ)」ボトルキャップデザイン(全5種)

〈米麦日報2022年8月5日付〉